プラスチック金型のFAST
〒373-0019 群馬県太田市吉沢町608-4
TEL:0276-36-1555/FAX:0276-36-1558
プラスチック金型のFAST|HOME
会社概要
プラスチック金型のFAST|製品紹介
金型製作設備
金型製作設備
海外発注代行
お問い合わせ
Synet会員募集
ご案内図
社員募集
リンク
 
ISO9001:2008認証取得
 

関連会社サイト


株式会社サイテックス


シノン電気産業株式会社

 

NCネットワーク
当サイトはNCネットワークに登録しています。
 
HOME 会社概要 | 会社沿革 | 生産体制 |
プラスチック金型のFAST|会社沿革
1960年 群馬県太田市熊野町にて斎藤利光個人で “ 斎藤金型製作所 ” を創立。
東京方面よりカメラ部品を受注し、金型製作開始。
1962年 工場を栃木県足利市中川町に移転。同時に北関東地域のメーカーから、弱電部品、精密測器 部品、パチンコ部品の受注を開始。
1965年 栃木県壬生町に進出した輸出玩具団地内のメーカーより、精密玩具部品の受注を開始。
1966年 会社組織を有限会社に改組。(資本金100万円)
1967年 自動倣いフライス盤を導入。
1968年 放電加工機を導入開始。
1973年 優良申告法人の認定を受ける。
1974年 NCフライス盤を導入開始。
1978年 CNCフライス盤を導入開始。
1980年 工場を新築し、自動プログラミング機を導入、CNCフライス盤を増台。
1981年 成形機を導入し、成形部門を開設。
1983年 ワイヤーカットを導入開始。
1985年 太田市東新町に成形工場を新築。資本金を1500万円に増資。
横形マシニングセンターを導入、ワイヤーカット・放電加工機を増台。
1986年 2次元のCAD・CAMを導入開始。
1987年 斎藤利光が会長に、斎藤修一が代表取締役社長に就任。
1988年 放電加工機を増台。
1989年 CNCフライス盤、放電加工機を増台。
1990年 斎藤修一が代表取締役会長に、小林和夫が代表取締役社長に就任。ワイヤーカット
を増台。
1993年 3次元のCAD・CAMを導入開始。
1996年 社内LANシステムの構築開始、CNCフライス盤を増台。
1997年 韓国の協力メーカーを発掘し、金型製作の取引き開始。
1998年 高速マシニングセンターを導入開始、同時に工場内のデータ送信システム(DNC)構築。
1999年 3次元CADによる金型設計を開始。
2000年 高速マシニングセンターを増台。
2001年 日本 IT経営大賞の日本工業新聞社賞を受賞。
2002年 ISO9001:1994 ( JIS Z 9901:1998 ) を認証取得。
2003年 太田市吉沢町リサーチパーク内に新工場を建設し移転。同時にマシニングセンター、
ワイヤー カット、ダイスポット等の機械設備を増強。これを機に社名を “ (有) FAST ”
に変更。
2004年 パレットチェンジャー付き高速マシニングセンターを増台。
2005年 ISO9001:2000 ( JIS Q 9001:2000 ) の更新完了。IT経営百選の
優秀企業に認定。マレーシアに現地との合弁会社 “GFP” を設立。海外での活動拠点として第一歩を踏み出す。
2006年 放電加工機を増台、CAMを増強。現工場の隣に大型工場が完成。
社名を「有限会社FAST」から「株式会社FAST」へ変更。
2007年 門型MC/ダイスポット 300t 導入、稼動。
2008年 小林和夫が代表取締役会長に就任
須永邦男が取締役社長に就任
中国 大連設計センター開設
IPF(国際プラスチックフェア)に出展
2009年 マシンニングセンター 6台 増設
ワイヤーカット機    1台 増設
工場レイアウト全面変更
2010年 創立50周年記念式典実施
大連設計センターを廃止し、大連発斯特工業 設立 董事長 赤坂 一
デンソーメキシコ 取引開始
2011年 IPF(国際プラスチックフェア)に出展
Vision レーザー溶接機設置
2012年 資本金を4,500万円に増資
齋藤利仁が代表取締役社長に就任
齋藤修一が代表取締役顧問に就任
試作成形機 導入
2013年 マシニングセンター V33i 増設
放電加工機 EDAF3 増設
2014年 850t 成形機導入 7月
マシニングセンター V56i 導入 7月
2015年 マシニングセンター V56i 導入 7月
研削盤 PSG-106 導入 7月

 
 
  〒373-0019 群馬県太田市吉沢町608-4
TEL:0276-36-1555/FAX:0276-36-1558
Copyright(C)since 2006- FAST Ltd. All rights reserved.